しがない職員のシュワワのワ

しがない職員が綴る、1話1分ブログ。

希望はどこにあるのか?

今朝、知人から大変ショッキングなニュースを聞かされた。

それが事実かどうか、今は分からない…

それが事実だとしたら、大変残念な限りだ。

この日本において、多くの人々が、様々な問題を抱えている。
それは、関係者であれば百も承知だろう。

それを、傍観者のようにただ指摘しているだけでは、
何も変わらないし、何も変えられない。

“自分自身” が、その渦中に入っていって、
共にもがき苦しみながら、
未来を創造していく者でありたい。

口だけの人間はやがて消えてゆく。
誰からも相手にされなくなる。
誰かの未来や、“私達”の未来を創造することなどあり得ない。

厳しい現実が、目の前を覆い隠しているような今だからこそ、
自ら、希望の“種”を植えよう。
希望の“苗”を育てよう。

それが現在だけでなく、
5年後、10年後、20年後…
人財”という私達の希望となり、
この国の希望となる。

もちろん、今、種や苗を植える私達 “農夫”も、
生き生きと希望に燃えていなければならない。

何度失望しても、未来への希望は、
それを信ずる“私達”の中にある。

(2016/5/10)