しがない職員のシュワワのワ

しがない職員が綴る、1話1分ブログ。

受け継がれる命のバトン

今回の帰省の際、母方の祖父の家で発見したもの。

f:id:Shin-ing:20170204204650j:plain

当時のリアリティが、時代を超えて伝わってくる、
大変貴重な、歴史的な資料でもあると思う。

もし祖父が、あの戦争で亡くなっていれば、
私の母は存在しないし、当然、私も存在していない。

この不条理な世の中で、
生命のバトンが受け継がれることの神秘に、
私たちは、もっと感動し、
感謝しなければいけないのだろう。

そしてこのバトンも、
すでに次の世代に渡され、
また新たな歴史が生まれてゆくのだ…

(2016/9/25)